お墓の作り方

0 Comments

一般的にはお墓を建てて、その中に埋葬をすることを納骨という風に言うようですが、すでにお墓がある場合などには、四十九日の法要が終わった後に、納骨を行うということが言われているようです。このような場合ですと、お墓が既に準備されているため、一般的なしきたりに従って、お墓を扱うことができるわけですが、その人が亡くなってから、新たにお墓を建てる場合などには、特に注意をしておくことが必要かもしれません。お墓がない場合には葬儀を執り行ったとしても、いささか安心をできないという要素が多いため、親戚などから不満を漏らされてしまうようなケースもある、という風に言えるかもしれません。また、一般的なしきたりとされる、四十九日の法要までにお金を準備するということは難しい場合も多くなくなった人が病気などによって急になくなってしまったケースなどでは、このような金銭的な問題が多く発生する場合がある、という風に言われており、四十九日で金銭を集めるということは非常に困難な場合も多いという風に聞いたことがあります。一般的には墓石を調達してから、加工してもらったりするまでに、2ヶ月ほどがかかるという風に言われており、数週間では理想のお墓を作り上げることは、ほぼ不可能だという風に言ってもいいでしょう。それでも亡くなった人が元気なうちにお墓のことについて考えるという機会は、これまでほとんど無視されてきつつあった、という事情もあるため、なかなかお墓について考える人は少ないということもその理由の一つであるというふうに考えられるのではないでしょうか。お墓を建てるということは、家や車を買うことと同じように一生で一度だけの買い物であるということを考えれば、後悔がないようにきちんと考えた上で子供達からの意見なども踏まえた上で、不平不満が起こらないように執り行うことが重要だという風に言えるかもしれません。