所有権

一般的に墓地を買う場合「所有権」を買い取ることはできないと言えるでしょう。これは、土地を買うなどの場合と大きく異なるポイントであり、土地などを購入する場合は、永久にその土地を所有できるということがポイントとなるわけですが、墓地を買う場合には、お墓を建てるための場所として利用する権利を「ある期間の間だけ購入する」と言う形式になるようです。この違いについて知識のあるという人は少なく、早い段階で知っておかなければならないと言えるでしょう。つまり、親しい人などにお墓を無許可で譲ることは当然できませんし、墓地を墓地以外の目的のために利用するということも不可能でしょう。もちろん、墓地のなかには、その墓地を永久に利用することができる「永代供養付き」のものも販売されているようですが、だからといって永久に供養をしてもらえるというわけではないということは注意しておくべきでしょう。お墓の所有者の子孫が代々引き継いでいける場合、相続税がかからないという点はメリットとして挙げられるでしょうが、相続が出来ない状態になってしまった時、永代供養と謳っていても供養期間を定めているということもあり、その期間以降は供養を行わないという場合もあるためり、事前に確認をしておくと良いでしょう。